会社案内

ソウルオブジャパン 株式会社
創立:2018年10月
代表:エロルエメド
住所:郵便107−0062東京都港区南青山5丁目4番35−1301号
電話:03-6379-2480
FAX: 03-6379-2490
Email: [email protected]

社長メッセージ

弊社事業の理念には「持続可能な食料安全(sustainable food security)」、「最先端・イノベーティブ(革新的)技術」、「クリーン・健康的」と3つのキーワードがあります。

持続可能な食料安全(sustainable food security)
日本は昨年2017年1年間で1兆7、600億円の水産物を輸入しました。50年前はこの数字は数百億円程度でした。もちろん、産業化が進み、国が豊かになった70年代・80年代、食品として消化される魚介類が増加した事から輸入も増加したのですが、そもそも日本国内での漁獲量が減ってきている事も背景にある。気候変化、海洋資源不足などの理由で、以前自給率が100%以上の日本は魚介類自給率は50%まで低下してしまい、その結果輸入も増加。魚自体の取れる量が減ってきている中で、食料の安全性、安定性に対しての将来的な不安は国民皆さんの心の中である、そこで私たちのこの事業、アジア最大のこの養殖設備が今、まさに大きな役割を果たす時期が来たのだと確信致しております。

最先端・イノベーティブ(革新的)技術
弊社の技術パートナーは、養殖技術およびソリューションのグローバルリーダーであり、30年以上に亘り世界中で50カ所以上の場所で水産養殖のソリューションを提供してきた実績があります。魚の状態を24時間モニタリングをし、IoTも含む最先端のやり方で最も理想的な飼育状態を設置するこの最先端で、イノベーティブ(革新的)の技術を駆使しながら日本国内で今まで輸入した魚の一部を国内で飼育する事により食糧100%安全に向かって一歩前進し貢献出来るのです。

クリーン・健康的である
弊社はポーランドに関連会社があり、5キロのアトランティックサーモンが既に出荷されていて、試食も繰り返し行ってまいりました。日本でも試食を行い、魚の状態が確認されております。薬を一切使わず、抗生物質も無く、人間の身体に最も理想的、健康的で、鮮度が高く美味しい魚を皆さんにお届けすることが出来ます。

一方現在ある海面・洋上で行う養殖では、集中している養殖場で餌や魚のフンが海に流れてしまい、病気等を避けるため沢山抗生物質やバクシンが使われている現状である。台風などで養殖場から魚が逃げたりして生態系にも悪影響を及ぼす現状があり又、養殖出来る海面にも限られており、養殖と言う業界に新たな、革命的な解決が必要である。

そこでいよいよ閉鎖循環的陸上養殖の出番なのです。最新の技術進化で魚が大量で味も美味しく、バクシンや薬を一切使わず飼育出来るこのRAS技術は今後、弊社がアジア最大のメガ設備を建設し、健康的でピュアな状態でより鮮度の高い魚を消費者のみなさまにご提供致します。

高齢者の方々、そして女性のみなさまにとっても働き易い設備を構築し、現地のお子さまのみならず全国からのお客様方が食の安全性を体感し、何度も足を運びたくなるようなような施設を目指しております。

採用情報

弊社は2019年後半に養殖設備の建設を始め、創業は2022年の後半頃に予定しております。創業時期からフル稼働まで、新卒、キャリア(技術者、営業等)、R&D、ラインワーカー、等男女雇用受付の募集を開始致します。弊社の事業にご興味のある方は、当社ホームぺージの採用スケジュールより採用情報をアクセスして下さい

Image module